Y.H.|人を知る|ミルックス新卒採用サイト

マイナビ2022

人を知る

「保険」という面から、
現場と人の安心を
支えるやりがい

保険部 Y.H.

保険部 Y.H.

偶然の出会いが、MILXへの入社のきっかけに

写真

もともと語学が好きで、大学では外国語学科を専攻していました。しかし、私にとって語学はあくまでコミュニケーションの手段。これを仕事にしたいかと問われると、「?」が浮かびました。そこで就職活動では心機一転、業界を絞らずさまざまな企業をチェックすることに。スーパーゼネコンである清水建設にも興味があり、せっかくならグループ企業も見てみようと合同説明会に参加したのですが、その時にMILXのブースに立ち寄ったことは、今思えば大正解でしたね。

まず心惹かれたのは、人事担当者の穏やかな人柄です。たまたま人の流れが途切れたタイミングだったこともあり、1対1で時間もたっぷりとって質疑応答に対応してくれたのですが、雑談で盛り上がるシーンもあり、「こんなに楽しく人事と話せるなんて」と驚きました。

また、多種多彩な事業を展開している点も入社の決め手になりました。当時の私はまだやりたいことが具体的に見えていなかったので、入社後にさまざまな経験を積んで自分の可能性を広げられる環境がベストだと考えたのです。

役職や社歴に関係なく、頼れる「相談役」を目指して

写真

MILXでのキャリアは、保険部の営業職からスタートしました。入社当初は、時間を見つけては保険商品や約款に関する知識を勉強し、分からないことがあればすぐに先輩に質問してスキルアップに努めました。特に経験豊富な先輩からいただいた「どんなお客様に対しても、まずは相手の不安や要望を真摯にヒアリングすることが大切だ」というアドバイスは、今も常に肝に銘じています。

1年目の主な業務は、個人のお客様に対する自動車保険や医療保険などの提案営業です。お客様となるのは清水建設の社員の方々で、全社的に保険相談のご案内を告知し、反響のあった方にライフプランニングや問い合わせ対応などを行っていきました。時には役員の方の保険相談に応じる機会もあり、役職やキャリアに関係なく「保険の相談役」として頼れる存在にならなければと、身が引き締まる思いでしたね。

そして、3年目からは培った経験をベースに法人営業に挑戦。清水建設向けに建設工事保険・火災保険・賠償責任保険の手配や事故対応に取り組んでいます。こうした特殊な保険商品を取り扱うのは、MILXの保険部ならでは。工事現場で使う資材や物品にトラブルが発生した場合の補償がメインのため、担当者自身が実際に工事現場に足を運び、目で見て、確認して、経験を積む姿勢が欠かせません。現場に入り、知識が増えるほど、「保険」という面から建設業を支えている実感が高まり、やりがいも大きくなっています。

将来は他部署も経験して、さらなる成長を

工事保険の補償対象について、現場の方により広く周知できれば、工事品質の向上にも繋がるはず。そうした考えから、清水建設の工事部を対象に保険に関する勉強会を企画・実施したこともあります。とはいえ、工事保険は奥が深く、工事現場の状況や施工フローの違いひとつで、保険適用の可否が変わるため、私自身もまだまだ勉強は欠かせません。

新たな商品、約款も続々と登場しますし、これからもお客様に信頼される存在を目指して、より深く保険知識を身に付けていきたいと思っています。また、さまざまな事業領域を展開しているMILXだからこそ、仮設や内装など他部署を経験し、広い知識を吸収することが出来れば、他にはない人材を目指すこともできるはずです。将来はそうした自分だけのキャリアを切り拓いていきたいですね。

就職活動中の方には、ひとつの道を究めたい方もいれば、色々な仕事を経験して、その中から自分の道を見つけたい方もいると思います。多種多彩な業種が混ざり合うMILXならば、そのどちらの想いにもきっと答えられるはずです。ぜひ自分らしいステップアップを、ここで実現していきましょう。

写真

その他の社員インタビュー

ページトップへ
now loading...